産後の骨盤調整

営業時間
営業時間

※最終受付は営業終了時間の30分前まで。
※トレーナー業務で出張の場合がございます。事前にご予約ください。

チャンスは約1か月~6か月! 早期の産後矯正がおすすめです

妊娠期間中や産後には、リラキシンというホルモンが分泌され、筋肉や靭帯、関節などが緩んだ状態になります。産後はリラキシンの分泌も少なくなり、出産で開いた骨盤は元の形に戻ろうとしますが、完全に戻りきれずに歪んでしまうことがあります。そのような状況を防ぐには、産後約1か月~6か月の間に骨盤矯正を受けることがオススメです。施術により骨盤の動きが正しくなり、骨盤の歪みが原因で引き起こされる不調を防ぐきっかけにつながります。
当院では、骨盤の歪みや傾き、開きなどをチェックし、一人ひとりの患者様の状態に合わせた施術を心がけております。産後の骨盤矯正に関するご相談は、当院をぜひご利用ください。

産後の骨盤矯正について

骨盤は仙骨と尾骨、そして左右の寛骨により構成されており、内臓や生殖器を保護したり、上半身を支えたりする役割を担っています。
しかし、産後の骨盤の歪みは筋肉や骨にも伝わり、体のバランスを崩してしまうのです。多くの場合は、腰痛や股関節痛などを引き起こします。骨盤周辺の筋肉にも負担がかかり、血行が悪くなるため、むくみや冷え性に悩まされやすい体質になってしまいます。 産後の骨盤矯正を受けることで、これらの不調が出にくい状態を作り、産後の健康な毎日の生活をサポートできるのです。

産後の骨盤がゆがむ原因

妊娠中はリラキシンの働きにより、筋肉や靭帯、関節が緩んでいる状態です。出産時に、赤ちゃんが産道を通りやすい状態になっていますが、産後はリラキシンの分泌が減り、骨盤や関節は元の形に戻ろうとします。しかし、赤ちゃんの抱っこによる無理な姿勢や横すわりなど、姿勢の悪い状態が続いて骨盤が傾いてしまうと、歪みが残ったまま元通りにならなくなってしまうのです。

こんなお悩み・心当たりはありませんか?

  • 産後にお腹がポッコリと出るようになった
  • お尻が大きくなったような気がする
  • 尿もれが治らない
  • 産前のようなスタイルを取り戻したい
  • 首の痛みや肩コリに悩んでいる
  • 疲れが取れにくく、疲れやすくなった
  • ウエストがきつくなり、手持ちのスカートやデニムが履けなくなった
  • 冷えや便秘が気になるので改善したい

産後の骨盤矯正の期間について

産後の骨盤矯正を始めるタイミングは、産後から1か月以上が経過した後がオススメです。産後すぐでは骨盤の緩みも大きく、体力の回復もまだ済んでいないため、施術が体に負担をかけてしまうリスクがあります。施術を受ける前には、産後の出血(悪露)や産後1か月の健診で、健康状態に問題がないことが確認できてからの受診をお願いしております。
より高い矯正効果をめざすためにも、産後約1か月~6か月以内を目安に施術を受け、骨盤を正しい形と位置に戻してあげましょう。

運動療法とインディバアクティブで継続した快適な毎日を

施術の効果をより実感していただくためにも、当院ではスポーツ選手の間でも注目されている「インディバアクティブ」を取り入れ、電磁波エネルギーの力で体の深部を温めた状態で行う施術が特徴です。
他にも、筋力トレーニングをご案内し、妊娠中や産後に低下した筋肉を効果的に鍛え直し、筋力アップをめざします。一人ひとりの筋力に合わせて強度も調整し、誰でも気持ちよく運動を楽しんでいただけるようにサポートいたします。お伺いしたライフスタイルをもとに、ご自宅でも簡単にできる運動やストレッチのアドバイスも可能です。

小さなお子さま連れも大歓迎!お気軽にご相談ください!

0262452728

<須坂市内全域>無料送迎・出張施術対応アクセス