治療内容(メニュー)

インディバアクティブについて

ケガに対し驚きの回復が見込めます。

プロ野球界では読売ジャイアンツ、サッカー界ではなでしこJAPANをはじめ、中村俊輔選手の前所属チームエスパニョールでも導入しています!

 

【Jリーグのプロのコーチも大絶賛!】

院長のトレーナー活動の中で大変お世話になった、元湘南ベルマーレトレーナー山田晃広氏やジュビロ磐田ジュニアチームトレーナーも、怪我や骨折の早期回復から腰痛まで、驚くほどの即効性があると大絶賛しています!!

実際に院長もインディバアクティブを受け、その効果は実証済みです!

 

【インディバアクティブとは?】

インディバアクティブは、深部加温効果と微弱電流刺激により、トップアスリートのスポーツ前後の故障の予防、疲労に早期回復、運動機能向上、疼痛の早期緩和、リハビリテーションとして利用されています。

従来のスポーツマッサージでは難しかった深部組織(軸筋群や付属筋群、骨関節など)までをターゲットにし、ケガや痛みの予防、早期の徐痛や組織の改善、疲労回復を促します。

 

【実績】

CONIServizi(イタリアオリンピック協会のスポーツ医学・科学研究所)と技術提携しているほか、公的・民間機関や公立・民間病院、プロ、アマスポーツ連盟などにも採用され、多くのトップアスリートがこのインディバアクティブを受けていることが、効果と信頼を裏付けているといえます。

一例を挙げればサッカーチームのフィオレンティーナ、ユヴェントス(以上イタリア)、FCバルセロナ、RCDエスパニュール(以上スペイン)など多くのプロスポーツチームが採用しています。

  • インディバアクティブ画像
  • 機器
  • INDIBAactiv
  • INDIBAactiv

※ペースメーカー使用の方、妊婦、温感のない方はご利用できません。また高血圧で服薬されている方は薬の効果を上げてしまうため、事前にご相談ください。

 

 

インディバアクティブに期待できる効果

血管・リンパ系、細胞膜電位、末梢神経に働きかけることによって損傷部位の痛みや腫脹・炎症を緩和します。継続することで、回復時間の短縮につながります。主に下記の症状に大変効果的です。

五十肩(肩関節周囲炎) 膝関節痛
慢性腰痛 坐骨神経痛などの関節炎症
骨折 肉離れ

メディアでも紹介されています。

デイリースポーツオンラインサイトのスクリーンショット  

→デイリースポーツオンライン

『阪神がイタリアの“守り神”導入へ』

肉離れや炎症の早期回復などに驚異的な効果を発揮する。球界では昨季から巨人が導入し、その有用性が実証されており、猛虎にとっても貴重な新兵器となりそうだ。(記事抜粋)

>>記事全文はこちらから(デイリースポーツオンライン公式サイト)リンク

スポニチサイトのスクリーンショット  

→スポニチ

『“負け知らず”俊輔 王者撃破の「切り札」だ! 』

2月22日の練習中に左太腿裏を負傷。全治3~4週間と診断され開幕絶望とされた。だが、欧州ビッグクラブも導入するテカール社製の高周波治療器による治療もあって驚異的な回復を見せ、2月28日にはスパイクを履いてのランニングを再開。この日は負傷後封印していた左足でのシュートを解禁した。(記事抜粋)

>>記事全文はこちらから(スポニチ公式サイト)リンク

その他サイトのスクリーンショット  

→その他

インディバアクティブに関するプレスリリース一覧をご覧いただけます。

また、その他のサイトやブログでも紹介されています。

>>プレスリリース一覧はこちらから(PR TIMES 公式サイト)リンク

(注)『テカール』とは、『インディバアクティブ』の旧名称です。


ページアップ